薬事法違反にならないようにする

化粧品せどりをするデメリット男性は化粧品の勉強が必要になります。男性でも化粧品について詳しい人いるかもしれないです。しかし多くの男性は女性に比べて化粧品使用の機会が少ない、または全くなくて、始めたばかりのころ全く知識ない状況で取引することもあります。売れる商品仕入れるには知識が必要で、男性が化粧品せどりをするとき勉強など事前準備が必要なのです。そして男性でなくても化粧品せどりで成功して利益あげるには人気のある化粧品の傾向などについて一定の勉強が必要になります。そして、化粧品せどりをするときデメリットは情報が少ないことですが、まだ未開拓な分野であり、仕入れに関していい商品の情報が少なくて、化粧品に関して知識なくてはなおさら取引難しくなります。化粧品せどりをする前すぐ知識得られるよう経験者などから教えてもらう必要が出ています。直接教えてもらうことむずかしければ経験者のブログ参考にしたりできる限り情報集める努力をしましょう。そして、化粧品せどりをする知注意したいことがありますが、違法になる可能性があるということ。もちろん化粧品転売すること自体違法ではなくて、知識ないまま何も考えないでせどりすれば大変なことになることもあります。美容室専用シャンプーなど製造番号書かれてる商品の製造番号わからないよう削って消すなどで販売すれば違法になるケースがあり、この時製造番号分からないようにして販売したことが違法になり、美容室専用シャンプー店場合すること自体問題あるのではないです。ほかに注意しなくてはならないことは海外から輸入した化粧品出品するときで海外から輸入したものは日本語の成分表示ラベル張る必要があり、それを張らないで売れば薬事法違反となります。こうして化粧品せどりは法律絡む問題に発展したりします。万一気づかず違法な商品販売して、それをつかった人に何か健康被害があれば、訴訟にまで発展することもあります。なので、自分が出品しようとしてるものは何らかの規制がないか、過去トラブルになった事例ないか等しっかり調べておきましょう。また、化粧品せどりをするうえで注意点は、アマゾンで出品できない可能性あることもしりましょう。せどりは多くのかたが出品先でアマゾン検討してますが、確かに出品先の1つでいいのですが、化粧品出品時には申請が必要で、申請を押しない状況で出品すればアカウント停止になったりします。そして申請すればだれでも通るかといえばそうでもないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です